あちめ(天知女)・珠理 算命学と人生 soukijyukukansai.exblog.jp

第二の人生を!あなたにあった生き方を算命学で見つけるお手伝いをいたします!


by 算命学鑑定士 珠理
プロフィールを見る

<   2018年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 121








陽占の十大主星

石門星(せきもんせい)

石門星は、陰の守備本能です。

陰の守備本能は、集団で守ることを意味します。
横との繋がりを大切にして自己を失わないで人との交流をすることが出来ます。

しかし、集団でも縦社会の集団では、うまく持ち味が発揮できません。
それは、石門星が常に対等の関係の中で、協調性や和合性が発揮できる星であって
けっして従う関係ではないからです。

個人に従うことはかなり苦手ですが、対等な立場でする共同事業、政治、組合などでは見事な力を発揮します。

自ら集団を作ることが良く、NPOやボランティアなどの集団を作ったり
会社勤めなら、労働組合の長など向いています。
f0389279_15082567.jpg




[PR]
by soukijyukukansai | 2018-05-30 08:58 | 算命学講座 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 120







陽占の十大主星

貫索星(かんさくせい)が西方に有る場合

西は、家庭・配偶者の場所ですから
どんな異性に惹かれるのかがわかります。

西方に貫索星のある人は
女性の場合は、角型で大きな顔、背は中位、横幅のある
がっちりとした体系の男性。
独立して仕事をしているタイプで、
自由業など自分の力量で世の中を渡っていく
そんな感じの人がタイプです。

男性の場合は、自分以上に頑固で
自己主張するタイプの女性に惹かれます。


[PR]
by soukijyukukansai | 2018-05-29 09:00 | 算命学講座 | Comments(0)

逃げる力

5月も終わりに近づきました174.png
もうあっという間に6月です。


先日、久しぶりに本を買って読みました173.png

百田尚樹著『逃げる力』です!!



逃げるのは、恥という考えが美徳のようにとらることがありますが、
そんなことは無いと再度気付かせてくれる本です。



算命学では、「不幸にならないためにどうするか」と考えます。
それは、自分に合わない世界から環境から逃げることと結びつきます。


自分に合った世界が、世間一般の常識から見ると
ちょっとはずれたものかもしれませんが、それでも構いません。
一人一人の与えられたエネルギーはみんな違いますから、人それぞれです。


本には、「幸せの絶対基準を持っているか」ということが書かれていました。
算命学的にいうと「幸せの絶対基準」も人によって違うよな・・・と
考えながら本を読んでました。
でも、「自分自身を大切にする」ことは、みんな同じではと思います。
何かにとらわれると、この大切なことを忘れて違う方向にいってしまいますね。


算命学で、後天運を見て、今自分はどういうエネルギーの中にいるのか
把握することが、冷静に自分自身を見つめられるこつだと思います。
6月の創喜塾の講習会も「後天運と位相法」です。
人生の流れの見方をもっと勉強してきます!


※この本の中に、「DV男からは即逃げろ」と書いてありました。
DV男のそばにいると、正しい思考が出来なくなるようです。
f0389279_04114614.png


[PR]
by soukijyukukansai | 2018-05-28 08:58 | ブログ | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 119





陽占の十大主星

貫索星(かんさくせい)が東方に有る場合

独立独歩の人生を歩むことで、運が上がりやすいです。
サラリーマン的な生き方は向いていません。
自主独立の精神で、人生を切り開いていく人です。

自分の人生感を持ち、生き方を崩さない
強い信念を持った友人・知人と縁が深くなります。
組織の人になると苦労が多くなります。




[PR]
by soukijyukukansai | 2018-05-27 08:58 | 算命学講座 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 118




陽占の十大主星

貫索星(かんさくせい)が南方にある場合

立無援、独立独歩の目下に縁があります。
何が何でも自己流を通していきますので
やがては、離れて違う生き方をしていきます。

目下というのは、部下・子供です


[PR]
by soukijyukukansai | 2018-05-27 08:57 | 算命学講座 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 117




陽占の十大主星

貫索星(かんさくせい)が北方に有る場合

一般論としては、目上運があまり良くありません。
社会と融合せず、自分は自分といった生き方の親や上司に縁があったり
社会に孤立している目上の人に縁があります。

そのため、目上に引き立てられたり、助けられたりすることが
少ない人となります。

例えば、親が早くに亡くなってしまったり、
親が健在でも経済的にも精神的にも頼ることが
出来ない状態だったり、また、顔を見れば喧嘩になるような
親子関係ようになりやすいです。







[PR]
by soukijyukukansai | 2018-05-26 08:57 | 算命学講座 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 116



陽占の十大主星

貫索星(かんさくせい)

陽の守備本能で、個人の力で平和を作り出そうとする本能です。

「守る」という行為は、頑固さや自我心などに現れます。
「頑固おやじ」とか、「自我が強い人」と言われたりしますが、
個人的な平和を守るためには、必要な条件です。

頑固さや自我の強さは、周りから見ると、
一見平和を乱すような行動に見えます。
基本的な考え方は、物事を積み上げていく垂直思考です。
一つのことに時間をかけて、掘り下げていくため
広く浅くが出来ないので、要領の悪さを感じます。

一度決めたことは、変更しないところがあり、
個人の平和を守るためには、どんな苦難にあっても
意志をまげず、自我を押し通します。
協調性のない人だと思われようともびくともしません。

世の中の動乱期には活躍は難しく、平和な安定期に活躍できます。

周りを見渡しても、「頑固だな・・・」と思う人は
貫索星の方が多いです。
もっと融通がつけれたら、楽なのではと傍から見たら思うのですが、
これも天から与えられたエネルギーなんですね。

f0389279_21324570.jpg


[PR]
by soukijyukukansai | 2018-05-25 08:56 | 算命学講座 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 115


陽占の十大主星

陽占は人間が現実の世界を生き抜いていくための
基礎的な行動で、『本能』と言います。

そして、その『本能』は、五行に分類され、人体星図に反映されます。
これから、十大主星の意味を一つ一つ説明していきます。

まずは、十大主星の定位置です。

北⇒龍高星・玉堂星(水)

南⇒鳳閣星・調舒星(火)

中央⇒禄存星・司禄星(土)

東⇒貫索星・石門星(木)

西⇒車騎星・牽牛星(金)

f0389279_22121004.jpg



[PR]
by soukijyukukansai | 2018-05-25 06:55 | 算命学講座 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 114


陽占の出し方について

前回のブログで陽占の出し方を説明しましたので、
その結果、どの十大主星になるのかを説明します。

日干を算出基準としてそれぞれの場所の「干」と
どういう関係にあるかを見ます。

①日干と比和の関係⇒貫索星
②日干と陰陽が違う比和の関係⇒石門星
③日干から生じられる関係⇒鳳閣星
④日干から生じられる陰陽が違う関係⇒調舒星
⑤日干が剋す関係⇒禄存星
⑥日干が剋す陰陽が違う関係⇒司禄星
⑦日干が剋される関係⇒車騎星
⑧日干が剋される陰陽が違う関係⇒牽牛星
⑨日干を生じる関係⇒龍高星
⑩日干が生じる陰陽が違う関係⇒玉堂星

上記に10種類になります。



[PR]
by soukijyukukansai | 2018-05-23 19:31 | 算命学講座 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 113


陽占の出し方について

□十大主星の算出基準は、陰占命式の『日干』です。


陰占命式
  
辰 午 子
  
上記の命式では、赤字の「戊」が日干です。

◆頭(北方)の出し方
戊から年干をみて算出します。
上記の命式では緑の「壬」が年干です。

◆腹(南方)の出し方
戊から月干をみて算出します。
上記の命式ではオレンジの「丙」が月干です。

◆胸(中央)の出し方
戊から月柱の28元をみて算出します。
上記の命式では黄色の「己」が月柱の28元です。

◆左手(東方)の出し方
戊から年柱の28元をみて算出します。
上記の命式では青色の「癸」が年柱の28元です。

◆右手(西方)の出し方
戊から日柱の28元をみて算出します。
上記の命式ではピンクの「癸」が日柱の28元です。






[PR]
by soukijyukukansai | 2018-05-22 08:30 | 算命学講座 | Comments(0)