あちめ(天知女)・珠理 算命学と人生 soukijyukukansai.exblog.jp

第二の人生を!あなたにあった生き方を算命学で見つけるお手伝いをいたします!


by 算命学鑑定士 珠理
プロフィールを見る

<   2018年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

無料鑑定結果 

創喜塾 講習会ご参加の△△さまからのご相談です。
大変遅くなりまして、申し訳けありません!

命式
癸 癸 庚
亥 未 子
壬 己 癸 天中殺 子丑

ご質問内容:今年から鑑定の仕事をする事になったのですが、今年は干合するので気になります。また大運天中殺に来年から入ります、晩年の過ごし方をお願いします。

****
あなたの命式で人生の壁の時期をみると該当する年は、ありません。
候補の時期はいくつかありますが、守護神がいずれも廻るため除外されます。
しかし、今年は、2018年(戊戌)のため、日干・月干と干合、大運も戊寅のため同じく干合します。
干合してしまうと守護神が変わるため、今年は人生の壁の時期になってしまいます。
そして、干合すると宇宙盤、四領域の四位昇型が、二位昇型に変わるので、領域が狭すぎてあれもこれもと思うことが出来ず、ストレスが溜まり、病気になりがちです。
あなたの場合は、身強なので、行動範囲が4領域にある方が、ストレスにならずに過ごせます。ですので、干合にならないようにすることです。
干合にならないようにどうするかですが、それは、日干 癸亥らしく生きることです。
乙を取り入れるため草花を身近に置きましょう。
また、干合すると価値観が変化しそれに伴って考えが変わりやすくなります。
月・日で干合すると普段の行動と違った行動をしたりするので、第三者の意見や算命学を参考にして判断するように気をつけて下さい。

大運天中殺は、2019年からですが、大運天中殺に入る5年前に陰転していたら、入ってから陽転します。来年からですので、入る前に充分な稼ぎや蓄えがあると陰転しますのでそこに気を付けてください。

今の陽転順位は、2位ですが陰陽どちらにも転ぶ可能性があります。
十二大従星は、天庫星から天将星にかわる時期でもあります。
中年期の天庫星は、何かがお蔵入りするという暗示がありますので、仕事や家庭での役割などに一区切りがつく時です。鑑定を始められるということですので、来年になると大運が天中殺(年支とは支合)に入りますので、今年は、良いタイミングですが、あなたにとって本当に良い時期は丑が廻り年支と支合になるじきですが、天中殺と重なってしまうことになります。
晩年の天将星を消化するためには、占いなど社会的に意義のある仕事で活躍されることは良いのですが、成功するかどうかは別問題になります。
晩年天将星で子丑天中殺ですので、人生の枠が20年間外れます。
大運天中殺が明けるのは79才ですから、この大運天中殺を利用するという道もあります。
それには、丑年の大運、子年(比和)または丑年(支合・順方三位)の年に本格的に事業を始めると発展します。
しかし、自分の力以上の発展をもたらしますので、天中殺を出る時の難しさがありますが、もう人生も残り少ない時期になりますので、この20年の大運にあなたの人生の勝負を賭けるという選択肢もあります。

天中殺と半会や支合が重なる人の人生は、判断が難しい面があり、最後は自分で決断する必要があります。
決断するには、算命学の奥義を含め、自分の人生の流れをしっかり把握し、該当する占技の意味と理論を上手に使う必要があります。
お住まいが、名古屋とお聞きしております。
もしお時間が取れるなら、今度の月曜日(3月5日)に八幡天水宮神社の講話会にお出で下さい。
創喜先生がじっくりとお話しできると申しておりますので。

珠理

3月5日の創喜先生の講和会+無料鑑定会は↓をご参照下さい。



[PR]
by soukijyukukansai | 2018-02-28 19:50 | サンプル無料鑑定 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 52



今日は、日干支 辛卯(しんきんのう)の日です。

辛卯の方は、受身的でおとなしく、心が穏やかで愛情に溢れた方です。
自分自身の損得を考えずに人の面倒をみたりするお人好しな面もあり、あまり深く考えずにするため必要以上に尽くしたり、限度を超えて面倒を見たり、お節介が過ぎてしまうことがあります。

人間的には、魅力があり人からも慕われます。

動きには、品性を兼ね備えてはいますが、庶民感覚に打ち出されたものです。
ただ、ここ一番のチャンスに力量不足が出てしまい、大きなチャンスを逃がすことがあります。

男性は、少し物足りない生き方になってしまう命式かもしれませんが、女性であれば全体として幸運な生き方といえるでしょう。

                  (以上 辛卯)



[PR]
by soukijyukukansai | 2018-02-28 08:06 | 算命学講座 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 51



今日は、日干支 庚寅(こうきんのとら)の日です。

庚寅の方は、ロマンを求めて現実とロマンの区別がつかない人です。
夢に向かって進んでいったり、理想の世界を築き上げようとしたりしますが、
元々現実ばなれした発想なので、どうしても無理が生まれます。

求めても、掴むことのできない夢や理想に苦しみ苦悩して、さらに新しい理想を求め直し、そしてまた、掴みきれないという繰り返しをして大きな葛藤を生みます。

現実と目標のギャップが大きいので、バランス感覚を身につけることが必要です。

現実に立脚して、夢を断ち切ったり、理想を捨てて妥協する勇気を持つことも重要な生きる手段です。

もし、どうしても夢を切り捨てられず、夢の世界に進んでしまうと、後悔の多い人生になり、老後が空虚で不満だらけの一生になってしまいます。

運は悪くなく、何かに追い詰められても、最後に活路を見出せます。

ただし、男女ともに家庭運が悪く、特に女性の場合はそうです。
子供がいなければ結婚は一度で収まりますが、何度も結婚する人が多いでしょう。
基本的には、周りの人とシーソーゲームとなり、自分の運が伸びると周りの人の運が下がるというような運命を持っています。

                  (以上 庚寅)



[PR]
by soukijyukukansai | 2018-02-27 09:00 | 算命学講座 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 50



今日は、日干支 己丑(きどのうし)の日です。

己丑の方は、穏やかで温和な性格です。日々の安定を第一に願っている人で、力まず、自然体で毎日を過ごし、利益追求だけの世界や激しい競争社会は嫌いです。

サラリーマンになったとしも出世コースから外れる可能性が大ですが、平穏な暮らしを望むので平気です。

母親が早く亡くなったり、離別などで存在感がない場合は、結婚しても配偶者の運が伸びにくいので、結婚運が良くないとなります。

粘り強く堅実に一歩一歩後戻りすることなく確実に前進するので、晩年には、金銭的にも、業績的にも大きなすばらしい財産を残せます。

急がず、慌てずが良いので、焦って、急ぎ結果を求めると、運が崩れます。

全体として運のいい人で、枯れることのない井戸のように能力が尽きることがありません。

急激な運の伸びはありませんが、人生航路において、あまり困ることがなく、一生を通じて波乱のない人生の人です。
              (以上 己丑)

[PR]
by soukijyukukansai | 2018-02-26 08:54 | 算命学講座 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 49





今日は、日干支 戊子(ぼどのね)の日です。

戊子の方は、感情が激しく気分屋で、言うことがころころ変わります。
そのため、周りの人からは、理解されなくなります。
しかし、財産には恵まれ、どんなに貧しい家に生まれたとしても、一代で財をなします。
また、器用なので、どんな仕事にでも適用していけますので、金儲けが目的となり、職業がその手段となりやすく、たくましく生きていく反面、危うさも抱えて生きて行くことになります。

強い意志の力で生き、独立独歩の気概をいつも失わず、もし、親の後を継いだ場合は、自分の代で親から受け継いだものを何倍にも増やします。

また、努力に関係なく、人の財産をそっくり受け継ぐこともあります。

この干支をもっている子供を育てる場合は、例えどんなに小さくても一人前の人間として扱って、育てることが大切です。
                      (以上  戊子)

[PR]
by soukijyukukansai | 2018-02-25 09:00 | 算命学講座 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 48




今日は、日干支 丁亥(ていかのい)の日です。

丁亥の方は、不安に揺れ動く心から、言うことがころころ変わります。
感受性が豊かですが、人から干渉せれることを嫌い、喜怒哀楽が激しい、気分屋です。

心の中の葛藤は常にあり、一人で静かにしていたいという思いが、孤独な人格をつくります。
しかし、実際には、現実面での力量が発揮できず、一人で生きていける力量はありません。
ですので、上手くその場その場に合わせて、人との接触をとって生きて行きます。

もし、肉親を縁が薄ければ、すばらしい霊感能力が備わります。
そのような強い感性を活かして、一人一人に奉仕するような仕事、もしくは生き方をすると良いでしょう。
宗教家・ヨガ教室・スポーツ教室などの経営・主催です。
自分でインストラクターとして動くのは、体力がないのでしない方がよく、あくまでも経営者・指導者としての立場が良いです。

人に楽しみを与えたり、健康に気をつけてあげたり、人を救うような仕事です。

本質的には、真面目で勤勉実直な方です。

                (以上 丁亥)




[PR]
by soukijyukukansai | 2018-02-24 08:40 | 算命学講座 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 47





今日は、日干支 丙戌(へいかのいぬ)の日です。

丙戌の方は、社交性が豊かで明るく、協調性にもすぐれていますので、誰からも愛されます。
ただ、目上の人とに対して、ため口をきいたりして、ひんしゅくを買うことがありますので注意が必要です。

孤独な時間を作ることが大嫌いで、一人で勉強したり、研究したりするのは、耐え難い苦痛な時間となります。

一生を通じて食に困るような場面はありませんが、自ら進んで何かをするという精神に欠けるので、もし、大望を抱いたりすると運気が下がります。

自尊心もかなり強く、外面を飾ることを好みます。
誰からも嫌われない性質をいかして、商人・政治家・芸能人のような職業が良いです。

結婚運はあまりよくないですが、子供運が良いです。

                (以上 丙戌)


[PR]
by soukijyukukansai | 2018-02-23 08:14 | 算命学講座 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 46


今日は、日干支 乙酉(おつぼくのとり)の日です。

乙酉の方は、じっとしていることが出来ず、年中忙しく動いている方が、心身をもに快調です。
裏表がなく正直で一途な性格ですが、進みだすと戻ることを知らず、周りの人を巻き込んで、自分の思い込みの世界へ引っ張って行きます。

性格は悪くないので、人に嫌われませんが、良くも悪くも周りに対して影響力の大きい方です。
女性は、美人に生まれます。

肉親との縁が薄く、若くして養子になったり、別居したりします。
しかし、友人や他人との縁は良好です。
ただし、配偶者に恵まれると自分の運は下がってしまいます。

本来、庶民的で気取らない生活が向いているのですが、もし、上流社会の出身であったり、生活に困窮しているような家庭に生まれたりすると性格の特徴である庶民性が出にくく、運勢の開発も出来ません。そのため、世の中からはみ出した生き方をするようになります。

両親が庶民的な方だと、生き方に矛盾無く、運気の上昇も早いです。

              (以上 乙酉)



[PR]
by soukijyukukansai | 2018-02-22 08:12 | 算命学講座 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 45




今日は、日干支 甲申(こうぼくのさる)の日です。

甲申の方は、好奇心が旺盛で、色々なことについつい手を出したくなる性格です。
ですから、新しいことに手を出しては、その途中で、また違う新しいものに手を出すので、全部が中途半端に終わってしまいます。

その理由は、エネルギーが満ち溢れていて、じっとしていることが嫌で常に動いていないとダメになってしまう人だからです。

ですので、人生の成否を左右するのは、多芸多才の器用貧乏をいかに一つのことに専念してそれを完成させていくことができるかにかかっています。

目的を一業、一芸に絞り、それに専念していけば、晩年は安定します。

あれもこれもと手を出し、その時に小さな成功はするかもしれませんが、それで終わりになりますので、10年・20年と長期間、同じことを続けていくことで、キャリアアップして、運を発展させていける人です。

また、気位が非常に高く、目指す理想も高く夢も大きいので、他人から見ると常に実現不可能な夢を追いかけているように見えるため、あまり普通の人と交流をもちません。

                 (以上 甲申)

[PR]
by soukijyukukansai | 2018-02-21 08:22 | 算命学講座 | Comments(0)
50才を過ぎてからでも学べる算命学の手ほどき 44



今日は、日干支 癸未(きすいのひつじ)の日です。
内には闘志を秘めていますが、見かけは温厚で純粋、人当たりのいい方です。
時々、白黒をはっきりつけないと気がすまなくなり、執拗に相手に食ってかかったりします。
そのことで、相手を深く傷つけたりしますが、そんなつもりは本人には毛頭ありません。
人が良いので、異性関係も多くなり、特に結婚後には自分も気付かないうちにトラブルに巻き込まれたりしますので、注意が必要です。
家系の流れを受け継ぐ運命なので、長男・長女に生まれなくてもその役割を果たします。

この方の人生の最大の難関は、結婚相手を決めるときにあります。
意中の人からは相手にされず、嫌な人から結婚を切望されたり、また不本意な結婚をすることになったりします。
                          (以上 癸未)




[PR]
by soukijyukukansai | 2018-02-20 08:59 | 算命学講座 | Comments(0)