人気ブログランキング |

あちめ(天知女)・珠理 算命学と人生 soukijyukukansai.exblog.jp

第二の人生を!あなたにあった生き方を算命学で見つけるお手伝いをいたします!


by 算命学鑑定士 珠理
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

サンプルHさま 無料鑑定 結果

サンプルHさま お待たせいたしました。
男性の方で、人生の壁にも応募頂いていたかと思います。

サンプルH様からの メール内容↓



はじめまして。

いつも、セラファムのブログ、神主みずきの算命学子育てと共に楽しみに拝見させて頂いております。

私は地方公務員で、妻と子どもが2人おり、はたから見ると、何不自由のない生活を送っていますが、ずっと、こんな平凡な人生で一生を終えて良いのかと悩んでいました。そんな時に算命学に出会い、自分の今の生き方は、もしかして、宿命にあっていないのではないかと思うようになりました。

安定した、公務員の仕事を辞めて企業したい気持ちが日々高まっていますが、家族を犠牲にするかもしれないと思うと、今すぐには出来ないため、10年間はしっかり貯蓄をし、50才を目処に第2の人生を歩みたいと考えております。
何かアドバイスを頂けると幸いです。

よろしくお願い致します。

本人:1978年6月6日(男)
妻:1983年4月27日(女)
長男:2011年3月xx日(男)
次男:2013年8月xx日(男) ※子供さんの生年月日 XXにしてます

*********************
鑑定結果



あなたの日干:己亥は、自分の本心を外に表さない方で、男性が自己発揮できにくいところがあります。自我が強く、エゴイスト的な面も強いので安定した社会には、合っていません。
実直な方ですが、状況の変化をすばやく察知する能力もあるため、組織の中で、反逆者にもなりやすいです。また、土質一気格ですので、一匹狼的なところがあります。
あなた自身が、平凡な人生で一生終わっていいのか・・・と思われるのは、この日干をお持ちでしたら無理ありません。本来は、平和と動乱の変換期に活躍出来、安定のある家庭・仕事・立場などを捨てて、自由気ままに生きると運が伸びる方です。

また、特徴としてあなたの命式には、年柱と月柱の律音があります。これは、あなたの両親と家系が一体化しているので、両親が自分の家系を正統に引き継いでおられるということですが、反面、親が家系に縛られ、自由に生きれなかった、犠牲になったということも考えられます。
ただ、ご両親のお蔭で、今のあなたがあります。

不思議なことに、あなたの長男の方の命式にも同じ、年柱と月柱の律音があります。
長男から見てあなた方ご夫婦(父親・母親)が犠牲になったから自分(長男)に引き継がれているという宿命が、長男の方の命式にあります。
そして、仕事が成功すれば、家庭に問題がおこる、また、家庭が良ければ、仕事に問題が出るという乱命局をあなたは持たれています。

この点から考えるとあなた自身が、起業をしたいという思いは、命式から充分理解できるのですが、どうでしょうか・・・

そこで、奥様の命式を拝見致しました。
奥様は、宇宙盤で、三位機型で、日柱と月柱が支合をしている命式が特徴です。
この型の方は、生活は質素で用心深く、日常生活に対する眼力がするどい方です。
また、宇宙盤の領域が第一・第二・第四だけで、第三領域がありません。
奥様は、発想力や企画力があり、結果の分析も出来るのですが、行動に移す、お金儲けが出来ません。しかし、ご主人は、この第三領域を持たれていますので、奥様が主になり、ご主人は、副業程度でその仕事を手伝われるという形が良いです。
そして、その仕事は、申酉天中殺の長男の方が、いずれ継がれるでしょう。

あなた(ご主人)は、これから何度となく自分の人生はこれでいいのか・・・もっと自分には出来ることがあるなど何度となく悩まれます。あなた(ご主人)の人生の壁は、39才~69才の間だけでも2018年戊戌、2025年乙巳、2037年丁巳とあります。
天中殺である巳の年は、守護神が廻りませんので、気をつけて下さい。
そして、60才代では、何かトラブルなどにも巻き込まれやすい、また、トラブルをあなたが起こしてしまいやすい年代ですので、心身共に健康であるよう心がけて下さい。

あなたも奥様も人生は、陰転傾向(自分らしい人生を生きていない)です。
ご主人は、辰巳天中殺、奥様は、午未天中殺ですが、ご主人は、家系から生じられ、奥様は家系(生家)を剋しています。ですから、矛盾を抱えての人生となります。

もし、奥様と何かを初められるようでしたら、2022年壬寅の年は、ご主人の年柱と大運・年運が大半会、日柱と支合、奥様は年柱と年運が支合となりますので、このタイミングが良いです。あまり大きなことでなく手堅くされることです。

自分の宿命を本当に知り、それを受け入れるのは、とても勇気のいることです。
ですので、私が学んでいる創喜塾では、自分の宿命は、自分で勉強して知ることを掲げています。なぜなら、過酷なこともあるからです。
あなたも算命学を知られたのを機会に、ご自分で探求して頂ければ幸いです。



無料鑑定は以上となります。


Commented at 2018-01-30 22:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by soukijyukukansai | 2018-01-29 23:05 | サンプル無料鑑定 | Comments(1)